喫煙の恐ろしさを知らないからこういう目にあう

タバコは健康に悪いといわれますが、何がどのようによくないのでしょうか。
その答えは、タバコの煙に含まれる有害物質です。

タバコの三大有害物質

タバコの煙に含まれる有害物質は、タールと一酸化炭素、そしてニコチンの3つが主なものとされています。
タールはタバコの葉に含まれる有機物質が喫煙により熱で分解されてさまざまな化学物質が結合されたものです。
タバコの煙をティッシュペーパーなどに直接吹きかけると黄色く変色しますが、それがタールです。

4000種類以上のタールの中の化学物質のうち60種類が発がん性物質とされています。

喫煙によるがんというと肺がんがすぐに頭に浮かびますが、それ以外の身体のあらゆる場所にできるがんは喫煙が原因で起こり得るのです。

がんだけでなく、心筋梗塞や脳卒中、狭心症などの重大な病も喫煙によって引き起こされる危険性は高く、高血圧、胃潰瘍、肺炎、糖尿病などなど、さまざまな病気が喫煙によって引き起こされます。

一酸化炭素は細胞の活性化を低下させます。

血液中に存在するヘモグロビンは身体中を巡って体内組織に酸素を運びますが、一酸化炭素は酸素の250倍の強さでヘモグロビンに結合してしまいます。

そのために充分な酸素を身体の中に運ぶことができなくなり、細胞が活性できなくなってしまうのです。
ニコチンは青酸に匹敵するほどの毒性を持っているだけでなく、血管を収縮させて血液の循環を悪くするので動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

他にも高血圧や脂質異常症、糖尿病の原因にもなり、認知症のリスクをも引き上げます。

依存性を断ち切る

ニコチンが恐ろしいのはその依存性にもあり、タバコをやめるのが難しい理由の約70パーセントはニコチン依存症に陥っているからだともいわれます。
その依存性と禁断症状の強さは麻薬と同等ともされています。
したがって、なかなか喫煙者一人の意志だけで禁煙を成し遂げるのが難しいのです。
依存症はひとつの病気ですから、適切な処置及び治療が必要です。

近年は、病院で健康保険を使って禁煙治療を受けることも可能です。

禁煙治療を受けた人の約80パーセントが治療中に4週間以上の禁煙に成功したというデータがあります。
タバコをやめたい人なら、禁煙治療を受けるのが最も効果的といえるのではないでしょうか。